いしかわ魅力ある福祉職場認定事業者

シャカイフクシホウジン ヤマビコ

社会福祉法人 やまびこ

きらめいて ときめいて 生き生きと 働きたい
本部所在地 河北郡津幡町
施設のある地域 河北郡津幡町
法人URL http://www.yamabiko-tsubata.com/

認定事業者の取り組み

新規採用職員の育成体制について

『企業は人なり』といいますが、私たちは、人材育成ガイドラインの作成に力を入れてきました。新規採用者には、研修を受けた育成担当者を6か月間配置し、段階的な到達目標を確認しながら、無理なく業務を習得していけるよう計画しています。その後も法人内での研修によるスキルアップの機会や定期的な面談などがあり、実務面と精神面でのサポートが継続されていく体制となっています。
<取り組み例:法人内研修>
・入職後6カ月以内の職員 :新任職員研修
・入職1年未満の職員 :フォローアップ研修
・入職2年目の職員 :ステップアップ研修
上記研修の他、資格取得の推進を積極的に行っています。

職場環境について

仕事とプライベートが充実することにより仕事への意欲も向上するとの認識のもと、就業規定では、産休育休制度の整備、リフレッシュ休暇の取得推進などに取り組んでいます。福祉現場で働く私たちは、利用者に寄り添う視点を大切にしています。そして、その意識は、チームとして仕事をする仲間に対しても同じことです。利用者、職員みんなの笑顔があふれる、安心して『働きやすい職場づくり』を常に目指しています。
<取り組み例>
・健康づくり教室の実施
・親睦旅行の実施
・勤続表彰

職員からのメッセージ

利用者の皆さんの立場から物事を考えられるように心がけています
名前 永井 優衣
事務所名 はばたき
職種 生活支援員
仕事でやりがいを感じることは?

利用者の皆さんとの関わり合いの中で、「今日もよろしくね」「お疲れさまでした」と声をかけてくださったり、笑顔をみせてくださったりするときに、やりがいを感じます。
自分の存在が、皆さんの生活の中に少なからず影響を与えているのだと感じる瞬間でもあり、一日一日の自分のかかわり方に責任を持とうという気持ちになります。
まだ、利用者の皆さんの作業面や生活面において「有意義な支援ができている」という実感はあまりなく、皆さんの人柄や生活環境を知る段階にあります。皆さんにとって意味のある支援ができるように、日々の関わり合いから、何か支援につなげられることはないか、と考え続けていきたいです。

法人の魅力は?

社会人1年目で、何もわからないことばかりですが、プリセプターが付いてくださるので、社会人としての基本的なことから、事業所内での支援の在り方など、気になったことはすぐに聞くことができる環境が整備されています。プリセプターとの定期的な面談があって、自身の成長を振り返ることもできますし、何より気軽に相談ができるということがとても安心材料になり、魅力だと思います。また、研修の機会が豊富で、自分が知らなかった知識を得ることにつながったり、これまで学習してきたことを復習する場にもなったりと、利用者の皆さんに対する支援の手がかりになる知識・技術が習得できます。

利用者さんの思いを尊重した支援ができるよう心掛けています
名前 裏 悠希
事務所名 メルクマール
職種 生活支援員
仕事でやりがいを感じることは?

利用者の方と関わっている時が一番楽しく、関わりを通して見せてくれる笑顔にやりがいを感じています。職員が楽しいと思っていないと相手も楽しいとは思ってくれないので、まず職員が楽しみながら活動に参加することで、利用者の方も楽しみながら活動に参加できると思っています。そして、利用者の方が行事や活動を通して笑顔や楽しそうな表情、行動を見せてくれた時に「楽しいですね。」とその時の気持ちを共有することを大切にしています。これからも利用者の方が笑顔で楽しいと思って貰えるように、行事や活動の提案をし、その中での関わりを大切にしていきたいです。

法人の魅力は?

初任者には、職場の先輩方が丁寧に指導をして下さり、分からない事があっても聞きやすく、とても働きやすい点が魅力です。また、みなさん優しい方ばかりで、悩みを溜め込まず、仕事についての日々の悩みを相談しやすい点も魅力の一つです。その他にも様々な研修を受講することができ、その研修で学んだことを現場で活かし、知識としても、技術としても自分のスキルの向上につなげることができるため、やりがいを持って仕事ができる点が魅力です。