いしかわ魅力ある福祉職場認定事業者

イッパンシャダンホウジン イシカワユメフクシカイ

一般社団法人 いしかわゆめ福祉会

ほっとする やさしい笑顔 ねつい(熱意)あふれる ほやね城北
本部所在地 金沢市
施設のある地域 金沢市

認定事業者の取り組み

職場環境について

ほやね城北は、2016年に開設し、「介護が必要になっても、障がいがあっても認知症があっても住み慣れたこの町で最期まで安心して暮らし続ける。」そんな当然の願いにお応えできるよう役職員一同、全力で取り組んでいます。アニバーサリー休暇やリフレッシュ休暇、男女共に育児休暇取得など、職員にとっても働きやすい職場環境づくりをすすめています。

キャリアパスと人材育成について

初任者研修、実務者研修等の時間内保障や受講料支援など資格取得のための支援を行っています。また、グループ内研修会への参加や外部研修を受講する機会を計画的にすすめています。

職員からのメッセージ

介護職になり利用者様と関わる中で私自身の笑顔も増えました。
名前 髙島 裕美
事務所名 自りつ支援型デイサービスほやね城北
職種 介護職員
仕事についたきっかけは?

私はもともと歯科の受付で勤めており、高齢の患者さんもよくいらっしゃるのですが、待ち時間にお話をするのがとても楽しく癒しを頂いている瞬間でした。なので「長く勤められる仕事」への転職を考えだした時自然と「お年寄りと関わる仕事」も選択肢の一つとして考えるようになりました。もう一つの大きなきっかけは介護職として長く勤めていた姉の存在です。姉は勤め始めた時から「介護の仕事は本当に楽しい」と言っており何年たってもそれは変わらず、転職を考えていた私にも介護の魅力をたくさん伝えてくれました。更に働きながらでも資格を取れると知り思い切って飛び込んでみようと思いました。

仕事のなかで大切にしていることは何ですか?

私は現在リハビリ特化型(自りつ支援型)デイサービスで勤めています。〝利用者の皆様が「楽しかった!」と思って帰ってもらえるように”を心がけて毎日関わらせて頂いてます。音楽にのせて体を動かす体操をしたり、少し難しい脳トレを出すと皆様とてもいい表情で一生懸命取り組んで下さいます。あまりお話されない方には様子を見てこちらから話しかけ、他の利用者様との橋渡し役になり少しずつ交流の輪が広がって笑顔が増えていくのがとても嬉しいです。そうした交流の中から出たワードをきっかけに利用者様主体で調理や外出の企画に発展したりと予想以上に皆様の輝く姿に出会える瞬間があり私自身元気を頂いています。

介護の仕事は深くてシンプルだと思います。
名前 久保 将吾
事務所名 小規模多機能居宅介護 ほやね城北
職種 介護支援専門員 管理者
介護の仕事の魅力は?

この介護の仕事に就いて20年以上が経ちますが、この仕事から離れないのは、人の役に立てる喜びや人に対して優しくなれること、人との関わりの中で自分自身も成長できるといったところに介護の仕事にやりがいや魅力を感じているからだと思います。利用者との出会いや別れなどその方の人生の一部分を一緒に過ごすことなど考えると「介護の仕事」とは人とのつながりを深く考えさせられる仕事だと実感しています。

仕事をする上で大事にしていること。

介護の仕事をする上で大切なことは、相手との信頼関係と思います。介護を必要とする方たちは生活をする上で必要な動作を人の手を借りなければできない状態です。人の支えが必要な方の気持ちをしっかり聴くこと、認知症で常に不安の中で過ごしている方に対してもその方の言動を意識して注目し、自然体で気持ちに寄り添い向き合うことを大事にしています。「あんたおると安心や~」の何気ない一言でその方との距離感が縮まって、いい関係につながったと嬉しく思えます。