いしかわ魅力ある福祉職場認定事業者

イリョウホウジンシャダン イズミカイ

医療法人社団 和泉会

《基本理念》人と人 心と心を礎に
本部所在地 七尾市
施設のある地域 七尾市

認定事業者の取り組み

新規採用職員の育成体制について

新規採用者計画により、育成の最終目標を「社会人・組織人・社会福祉職員として、上位者の指示やアドバイスにより、的確に業務が遂行できる」育成期間を6ケ月と設定し段階的な育成目標4段階と、それに応じた育成内容・方法を設定しています。教育担当者は主任/リーダーが努めます。

キャリアパスと人材育成について

資格等級体系フレームにより、8つの階層(新人職員~管理職)に分けたキャリアパスを策定しています。その中で職務内容や経験年数、昇格基準を明示しています。
さはらグループ年度教育計画により、キャリアパスの階層に応じた目標レベル、研修等を明示しています。
計画は、資質向上のための目標「良質なサービスを提供するために介護職員が技術・能力(介護技術・コミュニケーション能力・マネジメント能力・問題解決能力)の向上に努める」を達成することを目的に策定しています。

職員からのメッセージ

専門職としての誇りと、やりがいを持って働ける職場です!
名前 川畑 大輔
事務所名 医)和泉会 さはらファミリークリニック
職種 理学療法士 / 介護支援専門員
どんな職場ですか?

七尾市には多くの医療機関や介護施設がありますが、私たちのグループは主に在宅での生活を支える役割を担っています。一人一人に深く関わり、その方らしく暮らすためのお手伝いができる職場だと思います。

仕事でやりがいを感じることは?

理学療法士として、外来患者様にリハビリテーションを、また、介護支援専門員として、利用者様が介護サービスを利用する支援を行っています。自宅での生活が難しくなったときに、どうすれば自宅での生活が続けられか、その方らしく過ごせていけるか、一緒に考えて望む暮らしを続けられるお手伝いができた時、この仕事をしていてよかったと感じます。

利用者様からの「ありがとう」の言葉が背中を押してくれます。
名前 森崎 鮎子
事務所名 医)和泉会 デイケアセンターひだまりの樹
職種 介護スタッフ
福祉の仕事についたきっかけは?

父が体調を崩した時にどうしてあげたら良いか分からず、介護の知識があれば不安な母にアドバイスが出来たり、心の支えになれたのではないか。という思いから、当初事務職をしていましたが、法人内のデイケアセンターへ異動を希望し介護職に就きました。

今後の目標は?

初めての介護で戸惑いの中、指導と勉強会を重ね失敗しつつも今日に至っています。利用者様は人生の先輩。話をしていると心が救われることが幾度とあります。沢山のありがとうに囲まれてやりがいも感じています。また働くにあたり、短時間正職員の制度、実務者研修の法人施設内受講も利用し、子育て(家庭)と仕事の両立が出来助かりました。今後は介護福祉士の資格をとって利用者様に安心して頼られる人になりたいと思います。